事例紹介②

事例のご紹介

エアコン買取のススメ!

機種名の数字が容量目安になります。(上記例 ATR56SPEだと約5.6㎏)

エアコン買取の事例をご紹介致します!

エアコンの場合、お部屋に設置済みの場合が殆どですので、『買取金額-取り外し費用』という形式での御査定になります。室内機の裏に室外機(ベランダ設置など)があると標準作業となりお安く取り外しが出来ます!取り外し費用は「設置場所」「作業内容」によって変わってきますので、お気軽に担当者まで御相談下さい!

また買取金額ですが、容量(〇〇畳用、馬力など)が大きい程、高価買取が可能です。(購入時金額も御高いので当然ですが笑)

逆に買取金額が大幅ダウンしてしまう一番の事例が「煙草(ヤニ)のニオイ」となります。内部清掃をしてもなかなか取れません(汗

あと結構忘れがちなのが「配管」です。引っ越し先などで、既に取り外してあるエアコン買取の際に「配管」を置いてきてしまった事例もよく見ます。少しですが買取金額アップに繋がるのでセットにして頂ければ幸いです♪

 

家電買取、製造年式のススメ!

冷蔵庫の場合、扉を開いた側の真ん中あたりにシールが貼ってあります。

洗濯機の場合、正面右もしくは正面左にシールが貼ってあります。

冷蔵庫買取、洗濯機買取の事例をご紹介致します!

先日、お客様から御電話で家電の査定依頼を頂いた際、「製造年式ってどこに書いてあるの?」とご意見を頂戴致しましたので、事例として御紹介したいと思います。

電話見積もりの際に、おおまかな査定の為「製造年式」を聞かせて頂く事があります。

冷蔵庫の場合、扉を開けてドリンク棚の上辺りにシールが貼ってあり、その中に「〇〇年製」と書かれてあります。(画像参照→)

洗濯機の場合はメーカーによって違うのですが、最近は「前面もしくは上面」に【製造年 〇〇年】と書かれたシールが貼ってありますので、そちらを見てお伝えして頂けたらと思います。(画像参照→)

金庫買取、回収処分もおまかせ下さい!

金庫引取の事例をご紹介致します。

金庫のシステムは日々進歩しているため、買取可能な機種は基本最新式のものになります(デジタル、アナログ)また、カギも特殊形状のものが多く再度作成出来ないタイプもありますので紛失には御注意頂けたらと思います。

また、金庫回収処分についてですが、大きさ、重さ、形状によって費用の差がすごくあります。というのも金庫の重さは鉄等の金属重量ではなく、耐久耐火の為の素材(石、レンガなど)の為であるからです。

搬出状況、金庫のタイプによって数千円~数万円と費用に差が出ますので、まずはお気軽に御相談下さい。

以下のページもご覧ください

サービスのご案内

当社のサービスについてご紹介しております。

会社概要

当社の概要とアクセスマップを掲載しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-732-115
営業時間
9:00~19:00